ドイツ発祥のスペースオペラ的シミュレーションゲーム。 Ogameの話題をとりあつかっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
施設にも関連するのでこちらで話します。

惑星番号13-15は温度の低さからデューテリウムの生産能力は確かに良かったです。
経験則でいうと、長距離輸送艦隊を大量配置するうちの編成の銀河間輸送が滞らずにすんだのは15惑星をもっていたからといえます。

しかしながらTOP50より上になった現在はそのメリットはないです。
理由は私の他の大半のコロニーは気軽にソーラーサテライトを配置してフュージョンの稼動率を落し、より大量のデューテリウムを生産できるようになっているからです。
(設置に必要な資源量と生産エネルギーで比べた費用対効果がサテライト>プラント>フュージョンの為)
それと対照的にソーラーサテライトがあまりに効果が弱い15番惑星はソーラープラントとフュージョンに今後も頼らざるを得ないです。
もっとも壊す程困っているかといえばそうでもありません。
活用の仕方がないわけではないってことですね。


うちの場合の活用できるとする理由の一つはサテライトは消耗品であること。(被攻撃時の損害懸念)
上に加えて該当惑星が銀河番号若い場所にあること。(被攻撃頻度の高さ)
これに加えて同太陽系配置の5番惑星に防衛を集中させている為、同太陽系の衛星としての星へまわせる防衛はないということです。
ソラサテ抜きで開発する条件が同じなら、気温低い方がやっぱりいいやってところ。


長くなったのでここらで産業><
手のかかる子ほど可愛いってあの心境です><
壊したくないので活用方法をこじつけてます><

結論
惑星番号13-15は序盤向け
惑星番号13-15は低番号銀河向け
(今後高番号銀河にも人が増えて戦争するようになったら変わるでしょう)
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Nation of bloody lily(改めNation of boys love) all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。